台湾のマナー

台湾のマナー

日本語教育

最近、台湾からのレッスンオーダーが増えてきた。

もしかしたら、ここ数週間、
日本人よりも多く台湾の方達と喋っているのかもしれない。

面白い縁だね。

そして、先日、台湾の学生から聞かれた、
とある質問がきっかけで
台湾のことを益々、調べるようになった。

その生徒が聞いた質問が2つ。

一つは、「野菜炒めはどこにありますか?」

私は意味が分からなかった。

相手が日本人なら、「どんな探し物だよ!」
確実に突っ込んでる。

まあ、話をよく聞いてみたら、
彼女が日本に旅行に行った際、
なかなか野菜を食べれる店がなかったので
とても残念だったとのこと。

これは私も同じ思いだ。
いや、私だけではなく
多くの日本人がそう感じているだろう。
日本のランチは野菜料理が少なすぎる。

私は日本の食品業界を背負って立つ立場でもなんでもないが、
彼女に強く共感し、「ごめんね」と言った。

そして、もう一つの質問。

「日本はなぜスマホの音が鳴らないのですか?」

私はまた意味が分からなかった。

相手が坂上二郎を知ってたなら、「なりますなります!」
確実に突っ込んでる。
(古いし、ちがうし、ややこしい、、、)

まあ、これも話をよく聞いてみたら、
日本のドラマを観てもマナーモードが多いし、
日本に行った時にも着信音がほとんど聞こえなかったからとのこと。

「日本は基本、マナーモードじゃないと電車やレストランとか嫌がられるからね、
台湾は着信音みんなオンなの?」と私が言うと、
「レストランでもー!?」と彼女が驚いて声を上げた。

「電車や、会社はマナーモードですが、
レストランでマナーモードはあまりいないです

そんなに驚くことなのかなと私は思ったが、
台湾はレストランなどのお店の中での着信音はもちろんのこと、
電話で話をするのも普通だという。

日本とは違うマナー

私はとても興味深く感じて、
そのあと、これは?あれは?と彼女といろいろマナー話で盛り上がった。

後日、別の台湾の生徒にレストランの話を聞いたところ、
みんなではないけど、確かに台湾はそれは気にしないです。と言っていた。

しかも、驚いたのは、
台湾の電車のマナーである。

電話はもちろんのこと、
台湾は水も飲んではいけないそうだ。

しかも、罰金!!

おまけに、ガムも噛んだら罰金!!

img_0

知らなかった。

でもレストランとかで電話で話すのはいいのに、
電車で水飲んだらダメってどういうことだよ!と思った。

日本だったら、
私が電車に乗っていて
隣の人が水を飲んでもなんとも思わない。
まあ、ビールだったら、降りてから飲めよとは思うが、、、

でも、隣の人が電話で話なんかしてたら、
速攻で席を立つか、シーをやる。
しかもガムなんて別に気にもしない。

水飲んだら、こんなふうになっちゃうとでも言うのかね?


※これは韓国の映像らしいです、、、

まあ、この映像はただの喧嘩っぽいので関係ないにしても、
こういう電車一つとっても、その国の人の感覚やとらえ方が
全然違うというのがとても面白いと思う。
ジェスチャーや手のサインも意味合いが全く違ったりするし、
調べれば調べるほど、楽しい。

良い機会だから、今後いろいろ調べて書いていこうと思った。

とりあえず、今日は最後に、

台湾のマナーについて

見てみよう!
e0171573_22213741
※台湾おすすめ珍スポット!石門金剛宮より

細かすぎて誰も教えてくれないけど台湾旅行で役立つマナーと常識

●飲食店に水は用意されていない。外で買って持ち込むのが普通
店によりますが飲み物が用意されていない飲食店は多いです。あっても甘いお茶です。台湾ではドリンクスタンドがあちこちにあるので、外で買って持ち込むのが一般的です。
●小皿料理は勝手に取る
お店に用意されている小皿料理(小吃/しゃおつー)。一体どうやって注文すればいいのかと悩みますが、あれは勝手に取っていいのです。飲み物も店内の冷蔵庫から勝手に取ります。
●ティッシュはだいたい壁に設置されている
台湾の飲食店でティッシュは必需品です(後述)。だいたい壁に設置されています。
●食べる時大きい器は持ち上げない。麺類も音も立てない
日本ではラーメンやソバを食べるときにズルズルと音を立てますが、日本以外の国ではだいたいマナー違反です。ラーメンどんぶりくらいのサイズの食器は持ち上げて直接口つけるのもNGです。
●骨は皿の上ではなくテーブルに直接置く
マナーの本で読んで「ほんとかー?」と疑っていたのですが、相方の家族(もちろん台湾人)と一緒に食事したら皆テーブルの上に置いていました。台湾のテーブルがベタベタしている理由が理解できました(笑)。
●箸やスプーン、コップは拭き取る
マナーではなく「やっておいたほうがいいこと」です。屋台や街の小さな店では衛生的に不明な点が多いので(オブラートに包んだ言い方)、台湾の知り合いはティッシュで拭いていました。このためティッシュの確認は必須になります。
乗り物編:
●MRTは現金より悠遊卡のほうが20%安い
MRT(地下鉄)に乗るには現金で切符(正確にはコイン)を使うか、Suicaのようなカード「悠遊卡(ヨウヨウカー / yōu you kǎ)」を使うかの二通りあります。悠遊卡は最初にカード代100元がかかりますが、時間の節約になりますし、料金も安くなるので、何回もMRTに乗る人は購入することをおすすめします。
●バスは手を挙げて止める
日本のようにバス停に立っているだけでは止まってくれません。目当てのバスが来たらタクシーのように手を挙げて止めましょう。
●バスでお釣りは出ない
紙幣で払ってもおつりはもらえません。MRT同様、バスに乗るのも悠遊卡を使うのが一般的です。現金で乗っている人は一週間滞在していて一人しか見ませんでした。
●タクシーは自分でドアを開ける
ドアの前で待っている人を時々見かけますが、台湾のタクシーは自分で開けることになっています。
その他:
●乾杯では全部飲まないと失礼になる
●店内はだいたい禁煙。路上はOK
台湾では店内の喫煙を禁止している店がほとんどです。ただし路上はOKなので、路上喫煙をかなり見かけます。吸い殻を捨てると罰金になるので気をつけてください。
●エスカレーターでは右に立つ
北海道と大阪の人は大丈夫ですね(笑)
●乾杯では全部飲む
「乾杯!(ガンベイ/gān bēi)」という言葉と共にグラスを合わせる時は全部飲み干すのがマナーです。お酒がなみなみとつがれたグラスの時は気をつけましょう。「乾杯」の言葉なしでグラスを合わせる時は飲み干す必要はありません。
●理由もなく奢るのは失礼にあたる
台湾では男女関係なく年齢が離れていても基本的に割り勘です。日本のように「男だから出す」「年上だから出す」というのは相手を下に見ているような感じになってしまいます。会社の上司と部下のように明確な上下関係がある場合は上の人が奢ります。
細かすぎて誰も教えてくれないけど台湾旅行で役立つマナーと常識

https://go-taiwan.jp/2016/01/taiwan-manners-2/

日本語教育